インプラントとは

抜けたら二度と生えてこない永久歯を人口の歯で復活させるのがインプラント治療です。
人口の歯の根を歯槽骨に植え込み、歯槽骨と一体化してしっかり固定されたところに人口の歯を装着します。
金属の詰め物を入れると金属イオンの溶出が起こるので、人によっては少なからず体に害がありますが、インプラントに使うチタンの特性からその心配もありません。
体に優しく耐久性・審美性の治療法はだんだん広がって定着しつつあります。

インプラントはそれまでの人工歯の様々な問題を一気に解決しました。
例えばブリッジは技師を入れる為に両側の健康な歯を削らなければなりません。
部分入れ歯は削らなくていいですが支えになり歯の負担が大きいです。
総入れ歯になると噛めない・痛い・落ちやすい・うまくしゃべれないなどの問題が付きまといます。
インプラント治療の場合は他の歯に負担をかけることなくカバーすることができます。
歯の根をもつインプラントだからこそ、新しい永久歯が生えたような実感が体現できます。
しかし、インプラント治療には技術と経験が必要です。
名医がいる歯科を受診する為にはHPや口コミを参考にして探してみてください。

ブリッジとは

ブリッジとは」失った歯の両側の歯を土台にして亡くなった歯のところに人工歯を橋のようにかぶせる取り外しのできない入れ歯のことです。
土台にする歯は健康でも削らなければならないこと、削ってしまうと虫歯になりやすいことがブリッジの欠点です。
しかし、保険が利くこと、噛む力はほぼ変わらず違和感がないこと土台の歯が虫歯にならなければ長く使えること、 入れ歯のイメージが弱い事などから第一選択肢となることが多いです。
長持ちさせるためには定期検診が重要になってきます。

入れ歯とは

失った歯が複数本以上の場合や一本でも一番奥の場合はブリッジを掛けることができないので部分入れ歯になります。
取り外しができないブリッジに対して取り外しができる有床義歯が入れ歯です。

部分入れ歯は残っている歯を削らなくて済みますし症くじの後は外してキレイにすることができます。
しかし土台の歯への負担がかなりあります。他にも違和感がある、入れ歯を入れていることが分かられる、着脱が面倒などが欠点として挙げられます。

全ての歯を抜いてしまった場合は総入れ歯になります。
総入れ歯は義歯床が歯茎に乗っただけの状態ですので外れやすいのは当然です。
また違和感を感じる人が多いです。総入れ歯を入れるとあごの骨を使わないのでだんだんとあごが小さくなり入れ歯が合わなくなるので定期的に作り替えが必要になります。

悪い歯並びや噛み合わせの種類

●叢生(八重歯・乱ぐい歯)・・・歯が重なり合って生えている状態を叢生と言います。叢生は顎のサイズに比べ生えてくる歯の幅が大きいため後から生えてくる犬歯の生える場所がなくなって歯列の外側に出てしまう八重歯や狭い所に込み合って生えている乱ぐい歯があります。

●反対咬合(受け口)・・・正常なかみ合わせの逆になった状態、下の歯が上の歯より前に出ているかみ合わせを言います。歯の傾きに問題がある場合は歯科矯正で簡単に治りますが、骨格に問題があるときは下あごの切開手術が必要になります。

●上顎前突(出っ歯)・・・上の歯が前に出ている状態を言います。上下の歯列とも出ている上下前突の他、下あごの発達が悪く引っ込んでいる過蓋咬合があります。

●開咬・・・奥歯は噛んでいても前歯が開いている状態です。常にに前歯が開いている状態なので、前歯で食べ物をかみきれなかったり、しゃべるときに息が漏れたりすることがあります。軽度の場合は患者さん自身が気づいていないこともあります。また、年齢とともに次第に開咬になる方もいます。不正咬合の中でもかなり多くの問題を引き起こす噛み合わせです。

●空隙歯列・・・いまゆる、すきっ歯です。あごの大きさに比べ歯が小さかったり、歯の数が少なかっために、隙間だらけになっている歯並びをいいます。歯の隙間に食べ物が挟まったり、前歯の隙間が目立つことに悩みをもっている方も多いです。

歯列矯正の種類

●金属ブラケット・・・歯の表側に接着する装置で、金属製のブラケットです。
[メリット]金属製のブラケットは丈夫で、特に表側矯正はいろいろな症状の不正咬合治療に対応することができます。他の装置に比べて安価なため、治療費を抑えることができます。
[デメリット]目立ちます

●審美ブラケット・・・白や透明色の目立たない色のブラケットを審美ブラケットといいます。
[メリット]金属ブラケットと同様に多くの種類の不正咬合に対応することができます。非金属製のブラケットなので金属アレルギーの人でも使用が可能です。
[デメリット]金属ブラケットに比べ、費用はやや高額です。金属ブラケットと比較すると、多少強度が弱くなります。

●セルフライゲーションブラケット・・・従来の表側矯正装置よりも、ワイヤーとブラケットの摩擦力をより軽減させた設計の装置。痛みが軽減したり、効率的に治療できるといわれています。
[メリット]ワイヤーとブラケットの摩擦が少ないので痛みも少ないです。より効率的に歯が動くので、従来の装置より通院頻度が少なくすみます。
[デメリット]従来の表側装置と比べて、費用はやや高額になり、従来の表側装置よりも装置のサイズが大きいので目立ちます。

●裏側矯正・・・歯の裏側に装着するブラケットです。
[メリット]周囲の人から気付かれにくく、歯の裏側は虫歯になりにくい特性があり、表側矯正より虫歯になりにくいです。
[デメリット]慣れるまで違和感を感じたり、発音がしにくい場合があ利ます。表側矯正とくらべて高額です。

●ハーフリンガル矯正・・・表側矯正と裏側矯正とを併用した矯正治療です。上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に装置をつけて治療します。
[メリット]人から見えやすい上顎は、歯の裏側に装置をつけるので目立ちにくく、話すときに舌があたる下顎は表側装置なので発音の邪魔になりにくいです。裏側矯正とくらべて料金が安いです。
[デメリット]表側矯正とくらべて高額、さらに裏側装置と同様に、治療経験と技術がある歯科医院が少ないです。

●マウスピース矯正・・・ワイヤーやブラケットを使わず、透明で薄いマウスピース型の装置を用いて歯を動かします。装置は自分で取り外し可能です。
[メリット]ワイヤーやブラケットを装着しないので、発音障害や不快感が少なく、マウスピースは薄くて透明なので、周囲の人からほとんど気づかれません。
[デメリット]指定された装着時間を守らないと治療の結果に影響を及ぼすことがあります。治療できる症状が表側矯正よりも限定されています。

姉妹サイトはこちら

http://cookie72.com/